236 297 358
237 298 359
238 299 360
239 300 361
240 301 362
241 302 363
242 303 364
243 304 365
244 305 366
245 306 367
246 307 368
247 308 369
248 309 370
249 310 371
250 311 372
251 312 373
252 313 374
253 314 375
254 315 376
255 316 377
256 317 378
257 318 379
258 319 380
259 320 381
260 321 382
261 322 383
262 323 384
263 324 385
264 325 386
265 326 387
266 327 388
267 328 389
268 329 390
269 330 391
270 331 392
271 332 393
272 333 394
273 334 395
274 335 396
275 336 397
276 337 398
277 338 399
278 339 400
279 340 401
280 341 402
281 342 403
282 343 404

283

344 405
284 345 406
285 346 407
286 347 408
287 348
288 349
289 350
290 351
291 352
292 353
293 354
294 355
295 356
296 357

サンシティー音楽院 音楽だより409

エスプレシボ

7月号2017年 1日発行・ 別府市南立石1の2 

発行者/竹内 幸一  TEL 21-9167FAX 21-9160 

ホームページ 竹内幸一と行く文学・音楽紀行

        http://beppuguitar.web.fc2.com/

Email takesan@oregano.ocn.ne.jp

七夕記念日     竹内幸一

梅雨入り宣言が間違いではないのかなと思わせる日が続いていました。降る時は降る、晴れるときは晴れるという平穏な日々でないと、いろんな困ったことが起きますね。農作物の生育が心配です。

さて今月は、今一番身近なことで旬と言える「実家への移住生活スタート」の話題をやはり取り上げておきたいと思います。嬉しい「来浦通信」も始まりましたので、記録を残しておく意味でも、入居の様子などを少し書かせて下さい。

思い起こせばこの新聞に「77日の奇跡」という記事を昨年書いています。それからちょうど1年になります。先哲資料館に古文書などをお願いできた事、空き家バンクに出したHPを見て、はるばる沖縄から見学に来られたお二人とお会いできたことの二つが、昨年の77日でした。どちらも長年どうしたらいいのだろうと、重荷に思っていたことなので、その解決がうれしくて思わず「奇跡」と書いてしまったほどでした。それで、勝手ながらわが家ではこの77日を「竹内家七夕記念日」として後世に残すことにしました。(笑)

418日に伊藤さんお二人と奥さんのご両親が来浦入りしました。引っ越し荷物の到着は翌日の予定になっていましたので、その日は、お世話になっている近所の従兄弟の皆さんにも来ていただいて、簡単な弁当での「歓迎昼食会」を開きました。

それが終了して散会した後、伊藤家の皆さんが、家の裏にある「竹内家累代の墓」の掃除を始めました。なんだかその気持ちがうれしくて、胸が熱くなりました。いつも誰もいなくてほったらかしにされていた墓が、掃き清められ、庭にあった花も飾られました。

翌日の引っ越しの日、私たちは午前中行事があったので、午後到着したのですが、家の中を覗いてみてびっくり仰天しました。荷物の多いこと多いこと。かなり広い家なのですが、どこも荷物の入った箱で埋め尽くされていました。

そのうえ尚びっくりしたのは、昨日私たちが来浦を離れた後で、親子4人組が、それこそ徹夜でしたのではないかと思うほど、不要家具、冷蔵庫、本など重いものをたくさん隣りの蔵の土間に運び出していたのです。その膨大な山を見ながら、その作業量の多さに、唖然としてしまいました。すごい!!働き者の仕事量に感嘆するばかりでした。

そういう不要物は市のシルバー人材センターの皆さんが2度にわたって収集に来てくれたそうです。また、使えそうなものは、1回目の来浦通信にありましたように、市の主催でフリーマーケットが開かれ、そのおかげでそうとう品物が出て行ったようです。

そんなことがいろいろ終了した後、ようやくお二人の意向に沿った部屋作りが始まりました。あの荷物の山を想像しただけで、気が遠くなるほどでしたが・・・。

その成果をフリーマーケットの時に少し見せていただきましたが、その変わりように目を見張りました。アンティークに統一された色合いの色調に、お二人の個性が溢れていました。また今度いつかその変わりようを見せていただくのが楽しみです。

さてここで、毎月いただく「来浦通信」をより楽しんでいただくために、少し登場人物の紹介をさせていただこうと思います。

最初にOさんのことを書きましょう。この方は、確か7人ほどの兄弟の末っ子で、私の父の実家になる家を継いでいる方です。私とは従兄弟になります。母の存命中から、畑や庭の草刈りなどいろいろと助けていただいていました。自衛隊、電気屋さん、会社勤め・・・そして今は定年で自由の身になっているようです。同じ隣保班という事もあり、いろいろと伊藤さんたちも引き続き大変お世話になっているようです。先日はBSアンテナを取り付けてもらったという連絡もありました。元電気屋さんの威力発揮です。初めての地で心強い支えになってくれている方です。

Tさんはお隣りに住んでいる方です。畑を耕運機で耕してもらったり、また農作業のことなどで、伊藤さんたちがとてもお世話になっているようです。

この方は長男で家を継いでいますが、兄妹がたくさんいました。確か小学校の12年の時だったと思いますが、家の前にある池(今は埋め立てていてない)に私が落ちて、あわや溺れるという時、隣りの次男になる方が、池から引っ張り上げてくれたそうです。間違えばあの時私は死んでいたかも?

長女の方は、黒いかばんを首にかけ、パンチのはさみを持ったバスの車掌さんでした。バスに乗ってその人から切符を買ったりするのが照れくさかったものです。あの頃はバスのお客さんが多かったなあ・・・いつもぎゅうぎゅう詰めでした。

遊びに行ったとき、次女の方から勉強しているノートを見せてもらったことがありました。たぶん方程式かなんかでしたが、ぎっしり数字や文字が書いてあり、へ~中学になるとこんな難しいことをやるんだとびっくりしたのを覚えています。

三女の方とは同級生でした。この人と、その隣りの家の姉妹と一緒に、4人でよく遊びました。いっけんをしたりかくれんぼをしたり、とてもいい遊び相手でした。地理的条件から、いつも女の子と遊んでいたのが、私の性格にどう影響があったのでしょうか?

なつかしい・・・ですが、今はどの方とも音信がありません。変わっているだろうなあ。みんなどうしているんだろうなあ?子育てを終えていいおばあさんになっているのかな?

ちょっとTさんのことで思い出話が長くなりましたが、まあ、そういう優しい方に恵まれているので、私もこちらで安心して伊藤さんたちの暮らしの応援が出来ます。どうぞ来浦通信を楽しみに読んでください。

<行事予定>

■オペラ鑑賞講座「ラ・ボエーム」鑑賞2 

7月5日(水)午後1時40分~500

■第184回 E・F・C 7月例会

  7月9日(日)午後7時~ 音楽院A教室

■第146回 ハーモニアス歌声サークル「野ばら」

7月19日(水)午前10時半光の園 会費600円。

■ DVD音楽鑑賞講座 その3

  7月19日(水)午後1時40  500 円 

ミュージカル「ショウボート」鑑賞」 その2

ハーモニアス別府 第128回ふれあい音楽講座

オペラ「イェルサレム」 鑑賞その2 7月20日(木)午後2時 トータルブレイン 

■ほのぼの歌声サークル

7月12・26日・水曜日午後2時

■第316回 さわやかコンサート 7月28日(金)

 640分~鶴見病院 1階玄関ホール 無料

40周年記念 

40回 別府ギターサークル連盟

13団体・105名出演

定期演奏会 

別府市公会堂大ホール 無料

716日(日)午後2時開演

■第18回さよならハッピーコンサート
  1022日(日)光の園ホール 午後2
■第3BMC
竹内幸一ギターコンサート
  「ギターで味わう世界の名曲」1029日(日)

  ライブハウス「竹の里」午後2時 1,500円  

サンシティー音楽院レッスンお休みのお知らせ 

5週目お休み 7月29日(土)~31日(月)

◆祭日お休み 717日(月)海の日

連載その4

ヒメスズメバチ

高橋由紀子(声楽&ピアノ科)

                  

数年前の7月のある日、寝ている頭側の壁の中で「ガサガサ」「ブ~ン」と音が聞こえてきました。耳を澄ますと何やら羽音のようで、何かの虫が床下の通気口から入り棲みついたのかなと思っていました。

そして、初めて羽音を聞いてから何日か経った頃、私の部屋の下の通気口に、よく見るスズメバチの巣があることに気が付きました。茶色のグラデーションのような巣は美しい芸術品のようでもありました。

気づいた時は通気口の間に巣が見える程度で、このまま居座られては困ると思い、試しに私の部屋から蚊取り線香を吊るして、煙を送り込んでみました。すると「何だ何だ」という感じで、結構大きな2匹の蜂が出てきました。出てきた二匹は「この煙は何だ?」と相談するように顔を付き合わせたり、巣の前をうろうろしたり、まるで周辺を警戒する番人のようでした。煙がなくなり周辺の安全も確認できると、また巣に戻っていきました。

結局、出ていく気配もなく、どうしたものかと思っている間に、通気口はしっかり塞がれ、2cmほどの入口を残すのみの立派な要塞が出来上がっていました。こんな立派な巣を作られたのは初めてだったので、取りあえず蜂の種類を調べて対策を考えることにしました。

蜂の特徴は、体調が約3cmほどで、お尻の部分が黒いということでした。調べた結果、スズメバチの一種で『ヒメスズメバチ』ということが分かりました。

大きいのに名前は『ヒメ』とは可愛いなあと思ったのですが、文献を読んでいるうちに納得しました。「性格は警戒心は強いが、他種ほどに攻撃的ではなく温厚」「毒も弱い」「よほどの事が無い限り刺される心配は少ない」「巣の大きさは小さく、成虫の数も多くて100匹前後」「9月には営巣を終え、巣を離れる」「越冬するのは新女王のみ」などと書かれていました。「温厚で秋には出て行ってくれるのであれば」ということで、両親とも相談し、そのままにしておくことにしました。

そして、床下に棲みついた蜂との共同生活が始まりました。一日の流れとしては、朝、一直線にかなりのスピードでどこかへ飛び立ち、夕方帰ってくるという感じでした。「アシナガバチ類のさなぎや幼虫を餌にする」と書かれていたので、どこかにあるアシナガバチの巣を目指して出掛けていたのかもしれません。たまに庭に落ちた熟した柿の実を吸っている姿も見られ、人間でいう「甘いものは別腹」という感じでした。

また、すべての蜂がいなくなるわけではなく、巣の入り口には必ず1匹が門番のようにじっと構えていました。外から仲間が帰ってくると、確認するように顔をくっつけて、そして中に通していました。まさに門番だなあと感心して見ていました。

巣の前は花壇で、その横の通り道までは約1.5mほどでしたが、人が通っても特に騒ぐこともなく、ただ「見られてる」ような視線を感じるくらいでした(笑)

両親は庭仕事などで外に出ることも多かったのですが、近くに寄ってくることもなかったそうです。どちらかというと私たちの方が観察するのが楽しくなり、「今日も早い時間に出勤していったよ」「さっき帰ってきたわ」「門番は当番制なのかな」などと楽しく話すようになっていました。

それから、約3ヵ月ほどの共同生活もあっという間に終わり、10月の初めには巣立って行ってしまいました。その後、同じ場所に巣を作ることもなく今に至っています。

スズメバチというと危険なイメージを持ちがちでしたが、ただ恐れて巣を撤去することばかりを考えずに、「どの種類の蜂なのか」「どこに巣を作っているのか」などを考慮した上で、蜂と同居するのもありと思ったひと夏の出来事でした。

ジャカランダの花が咲く

スペインの旅 №13

    ルベックムーン 安部康二郎

 

帰り道、木陰でギターケースを前に置き「アルハンブラの想い出」の曲をギターで弾いている人がおり、マドリードやバルセロナでも同じ光景を見て、音楽や芸術の国だと思いました。

中心部にもどり、午後のオプショナルツアーの話を添乗員がしました。集合時間と場所の説明があり、サン・ジュセップ市場まで行って自由行動になりました。

サン・ジュセップ市場はバルセロナ最大の市場で多くの人がいて混雑しており歩きづらかったのですが、家内と見て廻りました。果物が特に多く野菜や魚介類のほかナッツ等がありました。

各国の市場を見ましたが中国のウイグル自治区のウルムチでは、バザールと言い羊の肉、羊の肉をヤキトリみたいにしたシシカバブ、香辛料、ジュータン、飾りナイフを売っておりました。またメルボルンやニュージーランドでは、牛肉やハム、ソーセージ、衣類等があり、国によって違い、日本の築地市場もマグロ等で外国人の旅行スポットになっているようです。

市場を出ると道路を隔てて向かいのビルの3階のベランダで宣伝のためかマリリン・モンロー?が白いスカートをなびかせていました。  (以前テレビで見ました)

             (つづく)

来浦通信 <№2>

こんばんは!今日も気持ちの良い一日でしたねぇ〜。

今日は庭木の手入れと窓拭きに精を出しました!!毎日気持ち良く働きご飯も美味しく夜はぐっすり寝て体も心もどんどん元気になって健康的な日々です!

畑はお隣のTさんから雨降りの後に土を耕した方がいいよ!と教えて頂いたので雨待ちです。表面を軽く耕したら耕運機で耕して下さるそうです!ありがたや〜🙌

やってみたい事だらけ。。。楽しみです。昨日は夕方に元小学校の前の八坂神社さんに行ってみました。凄く素敵な神社ですね。御神木の立派なイチョウの木!!家のスグ近くに本当にいろいろな神社やお寺があり神さまがたくさんいらっしゃる場所なんだ。。。と感じています!

明日か明後日は今国見で開催されているギャラリー巡リに行こうと思っています。

今朝お隣のTさんがフラリと来てくれて昨日の雨で畑を掘り返しやすくなっているから耕運機で耕してみてあげよう!と、早速機械で耕してくれました🙌🙌本当にありがたいですー!

まったく畑素人なのでいろいろ教えて頂きながらです!今からTさんに教えてもらった苗を早速買いに行く所です!いよいよ畑デビューです💐いい先生がお隣にいて下さり心強い💪です!

;昨日沖縄からの友達が帰って行きました。国東をとても気に入って、また秋に来てくれるみたいです!この家もとても素敵😍!と大興奮していました〜!私たちも一緒に石仏を巡ったり、温泉に行ったり満喫の時間でした〜!!!

今日から再びいろいろ掃除に片付け開始です!夕方Oさんの家に掛け軸を届けに行ったのですがあいにくお留守でしたのでまた明日にでも訪ねてみます😁明日は朝からシルバーさんが来てくれて、まだ少し残っている不要品を持って行ってくれる予定です!明日でラストです。御報告まで!

バックナンバー

204~233

inserted by FC2 system