236 297 358
237 298 359
238 299 360
239 300 361
240 301 362
241 302 363
242 303 364
243 304 365
244 305 366
245 306 367
246 307 368
247 308 369
248 309 370
249 310 371
250 311 372
251 312 373
252 313 374
253 314 375
254 315 376
255 316 377
256 317 378
257 318 379
258 319 380
259 320 381
260 321 382
261 322 383
262 323 384
263 324 385
264 325 386
265 326 387
266 327 388
267 328 389
268 329 390
269 330 391
270 331 392
271 332 393
272 333 394
273 334 395
274 335 396
275 336 397
276 337 398
277 338 399
278 339 400
279 340 401
280 341 402
281 342 403
282 343 404

283

344 405
284 345 406
285 346 407
286 347 408
287 348 409
288 349
289 350
290 351
291 352
292 353
293 354
294 355
295 356
296 357


ンシティー音楽院 音楽だより410

エスプレシボ

8月号2017年 1日発行・ 別府市南立石1の2 

卒業・ハーモニアス別府 
竹内幸一

大変な被害をもたらした大雨の後は、猛暑の日々となりました。復興を急ぐ被災地の方々は、どんなに大変でしょうか?こちらで、のほほんと暮らしているのが、申し訳ない気もするほどです。

さて今月は、これまで20年かけて取り組んできましたハーモニアス別府を、残念ながら離れることになりましたので、そのいきさつからくるもやもや気分を少し書かせていただくことにしました。この文が気持ちを整理する機会になり、新しいスタートにつながればと思っています。

実は最近、24年続いてきましたハーモニアス別府(以下Hと略)のこれからについて、急に新しい流れが出て、みんなで団結してという方向が見えなくなっていました。これまで20年、愛するHにかけてきた私としましては、地に足をつけて身の丈に応じた運営をすれば、これからも5年や10Hを存続させ得るという自負は持っていました。

もしこの時、私が立ち上がれば、応援して下さる方もいたことでしょう。事実、「私にできることがあれば何でもお手伝いします」と言って下さる方もいました。そして、そんな中でも特に、<困った時に力になってあげなければ>という、溝口夫妻の沢山の温情は心に沁みました。しかし、せっかくのその気持ちを生かしてあげられませんでした。申し訳ない限りです。

足並みのそろわない中で、あえてその中を存続のために前に進もうという勇気や気力が、私にはありませんでした。団結して闘っていくのなら、いくらでも力をそそげました。しかしそうなっていかないだろう事は、長い経験で分かっていました。結局、複雑で面倒なことから逃げることになりました。その私のふがいなさは、せっかくいただいた温かい気持ちを、消してしまうことになってしまいました。それが、気の弱い私の限界だったのでしょう。それから私の中の振り子は「身を退く」ほうへと大きく進んでしまいました。

「跡継ぎが出来てよかったね」、「応援してくれる終生会員が増えてよかったね」、「ハッピーの出演者が増えて良かったね」といった雰囲気があれば、少しは違った展開もあったかもしれません。もうやめましょう。これを続けると愚痴になるばかりです。

一応身を退くことにしても、私の気持の中では、揺れ動く葛藤の日々が続きました。無責任ではないか。最後まで協力しなくていいのか。いやもう無理。協力してくれた方に申し訳ない。たくさんの方にお世話になったのに・・・。責任放棄。逃げるのか。限界。

様々な思いが頭の中を巡りに巡って、堂々巡りを繰り返すばかりの、眠れない夜が続きました。そしていつしか、「もう嫌だ、こんな悶々の重荷をいつまでも抱えたくない。」というところへ至りました。私の中の気分は、「一刻も早くHを離れたい」というところへ行きついてしまったのです。これまでやってきた20年をすべて否定されて、無残に萎えてしまった私の気持ちは、もうどうしてもよみがえりませんでした。

意を決して、早めにお休みをいただきたいというお願いをし、「了解しました」という連絡をいただいた時、私の背中から音を立てて重い荷物が滑り落ちていくのがわかりました。自分でも不思議になるほど、すっきりさわやかな体になったのです。

笑い話のようですが、その日から食欲が出て、食べ物のおいしさをかみしめることが出来るようになりました。現金なものですね。人の体は不思議です。

やはりそれなりに、Hの年間計画に対する気配り、目配りがあって毎日を過ごしていました。そのすべての縛りから、きれいに解放されたことが、どれほどの重荷を抱えていたかの確認にもなりました。

しかしながら、いろんなことを一人で抱え込みすぎていたことが、今回のことになる遠因にもつながったのかもしれないとも思っています。もっともっとみんなで力を合わせてという事に、気配りをしなければならなかったのでしょう。

それにしても、今度のニュースレターに書かせていただいた通りに、Hの存在は、私にとってギターの暮らしだけではありえない素晴らしい事柄ばかりでした。行事にしても人との出会いにしても、新鮮で貴重な出会いが続きました。たまたま何かのご縁で、Hに加わることが出来たことで、私の人生は、何倍にも色鮮やかで豊かな日々になりました。Hにいくら感謝してもしきれない気分です。

独りでは何もできません。ここまで続けてくることが出来たのは、有能で心優しい腹心のスタッフの皆様のおかげに他なりません。それに、もう昔々ですが、娘がまだこちらにいた頃、新しい行事の最初の企画等をいろいろと手伝ってくれました。そしてハッピーの進行は、息子に15年ほど手伝ってもらいました。当然のように妻も助けてくれました。Hは家族総出の手助けもあり、続けることが出来たのだと思います。ありがたい限りです。恩ある娘に今回の結論のことをメールで知らせたところ、下記の返信がありました。

 

長い間お疲れさま!!

福田さんも、滝口さんも、辻先生も、お疲れさまって言ってくれてるはず!!

ハーモニアス楽しかったよね。

終わりは、ちょっと疲れたかもしれないけど。

いっぱい良い思い出が出来たよね〜。

 

 福田さん、滝口さん、辻先生と、主だった方がもう亡くなっているのが、長い時間の経過を感じさせます。改めて、私の人生を彩ってくれた貴重な日々のことを振り返っています。

妻が「ギターのことも、まだすることがいっぱいあるし、これからは好きな、短歌や俳句を楽しんだらいいよ」と言ってくれました。

幸いなことに、1年間連載の俳句原稿の依頼が来ています。それで、これまでになく気合を入れて本を読んでいるところです。たくさんの情報を、600字にどうやってまとめるかが、難しい課題ですが、打ち込めるものが出来てありがたい限りです。

ギター連盟は40周年記念のコンサートを開くことが出来ました。これからは、Hを卒業し、ギターに専念して50周年を目指さねばと思っている所です。

<行事予定>

■オペラ鑑賞講座「トロヴァトーレ」鑑賞1 

8月2日(水)午後1時40分~500

■第185回 E・F・C 8月例会

  8月13日(日)午後7時~ 音楽院A教室

■第147回 ハーモニアス歌声サークル「野ばら」

8月16日(水)午前10時半光の園 会費600円。

■ DVD音楽鑑賞講座 その3

  8月16日(水)午後1時40  500 円 

ミュージカル「レクイエム」鑑賞」 その1

ハーモニアス別府 第129回ふれあい音楽講座

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 鑑賞その1 8月24日(木)午後2時 トータルブレイン 

■ほのぼの歌声サークル

8月9・23日・水曜日午後2時

■第317回 さわやかコンサート 8月25日(金)

 640分~鶴見病院 1階玄関ホール 無料

■第18回さよならハッピーコンサート
  1022日(日)光の園ホール 午後2
■第3BMC
竹内幸一ギターコンサート
  「ギターで味わう世界の名曲」1029日(日)

  ライブハウス「竹の里」午後2時 1,500円  

サンシティー音楽院レッスンお休みのお知らせ 

5週目お休み 8月29日(火)~31日(木)

◆お盆のお休み 8月10日(木)~16日(水)


連載その5

不思議な出来事

高橋由紀子(声楽&ピアノ科)

                                  

今年一年エスプレッシボの原稿を担当していますが、普段文章を書き慣れていないこともあり、毎回かなりのストレスとともに原稿を仕上げています。みなさんにお聞かせしたいような『ネタ』でもあれば、どうにかこうにかでも拙い文章を仕上げることが出来るのですが、『ネタ』さえも見つからない時にはストレスも何倍にも膨れ上がります。

そのストレスと戦いながら毎月25日の入稿に向け書き上げていくのですが、6月分の原稿締切りが迫った5月下旬、適当な『ネタ』がなかなか見つからず、どうしようかと思っているうちに締切日が過ぎてしまいました。仕事がバタついていたこともあり、院長先生への連絡も後回しになってしまいました。頭の隅で「やばい!」と思いつつも、週末は疲れからか体調を崩してしまい、20時間ほど死んだように爆睡してしまいました。夜、携帯の充電が切れていたことに気づき、充電しながら月曜日の朝を迎え、そこで、院長先生からメールが何通か届いていることに気づきました。「しまった!!」と思ったのですが、出掛ける前で時間がなかったので、職場に着いてからメールをすることにしました。

そして、ここからが不思議な話です。といっても占いなどでありがちなこじつけのような話でもあるのですが、この時の私にとっては、ヒンヤリする出来事となりました。

職場の駐車場には、約1000台ほどの車が止まっています。駐車スペースは、敷地内のあちらこちらに点在しており、毎日どこに駐車すると決めているわけではなく、空いているところに駐車するような感じです。この日もどうにか駐車でき、ホッとして車を降りようとした時、隣に止まっている白の軽ワゴンのボディに目が行きました。白のボディーに赤いペンキでアルファベットが書かれていたからです。手書きで少し薄汚れた感は「白に赤でキレイ!」というよりは、少し不気味感を漂わせるような感じでした。何て書いているんだろうと何気に読んでみると、「E」「S」「P」「R」「E」「S」「S」「I」「V」「O」。。。「ESPRESSIVO」なんと「エスプレッシボ」と書かれていました。多分、その日でなければ、「へぇ~」と思うくらいだったのかもしれませんが、原稿の締切をすっ飛ばし、院長先生のメールを見過ごしていた私の目には、院長先生からの「早く出しなさ~い!」のメッセージにしか見えず、背中がヒンヤリとした瞬間となりました。それから、院長先生に急ぎメールをしてお詫びをしましたが、その時は、こんな偶然もあるんだなぁと思っていました。

その後、その車を一度だけ見かけたのですが、次の原稿の校正の連絡の時、また不思議な事がありました。今度は、仕事が終わって夕方駐車場に向かうと、朝は止まっていなかったあの白の軽ワゴン車が、また私の車の隣に止まっていました。相変わらず「ESPRESSIVO」の赤い文字が印象的で、前回と違う駐車場なのに、また隣に止まっているなんて、何か追いかけてきたようにも感じられ、「何かある?」と思わずにはいられませんでした。家に帰ってすぐパソコンメールをチェックすると、前日に院長先生から「都合により早めに校正をお願いします」のメールが届いていました。前日にパソコンを開いていなかったので、「早く見て~」の院長先生の思いがまたあの車をよこしたのかなぁと思ってしまいました。

それ以降、この車を一度も見かけることなく、今に至っています。単なる偶然や何でもないような事でも、見るタイミングや状況によっては、すごく不思議だと思える出来事となります。また、後ろめたさなどがあると、心臓に良くない出来事にもなってしまいます。今回は、このネタで締切りに遅れることなく、無事入稿することができました。これからも締め切りはきちんと守り、ヒンヤリする不思議な出来事はなるべく避けたいものだと感じました。次遅れて、またあの車が隣に止まっていたら、冗談抜きで本当に怖いので(笑)

ジャカランダの花が咲く

スペインの旅 №14

    ルベックムーン 安部康二郎

 

集合場所は、カタルーニャ広場のバス停でしたので、カタルーニャ広場を散策して、近くのデパートに行きお土産を買いました。

トイレに行くのに場所を尋ねたら地下にあるとの事で捜しましたが、すぐに見つかりませんでした。やっとありホッとしたのですが便器が高く、足の短い私には大変でしたが何とか間に合いました。(飛行場やレストランも同じ)

集合場所に行くと皆さん集まっていて、オプショナルツアーは二人の姉妹を除き全員参加しました。バスで郊外のワイン工場に行き見学するのに時間が決まっていましたので、待合室で30分ぐらい待ちました。

最初に映画室で創業者やぶどう畑、ワインが出来るまでの家庭の放映がありました。

その後地下深く歩いて、貯蔵庫でビンの大きさの話がありカーレースF1の優勝者に贈ったビン等見せてもらいました。

トロッコ列車に乗り工場内をゆっくり見て回りました。その後地上に出て、ワインの試飲室に行き、カウンターやソファーのあるところでワインを飲ませていただきました。

この後モンセラットに行きます。(つづく)

来浦通信 <№3>

💛来浦通信が!まさか~皆さんに読んでいただけるなんて…びっくり(笑)

引越して来て一ヶ月が過ぎました。自分が書いた来浦通信の内容を読んでみてすでに懐かしい気分です!そう言えば最近裏山の鹿は鳴かなくなりました。

数週間前の早朝、お墓の掃除をしていたらすぐ近くの林の中に鹿が居ました。私に気が付いてびっくりしたように森の奥に走って行きました!

先日窯探しの旅から帰って来たら縁側にあったゴムぞうりが片方無くなっていました!?その日の夕方再び縁側に行くとなんと!残っていたはずのもう片一方も無くなっていました!カラス?ネズミ?謎です!(笑)話しが脱線してしまいましたがエスプレシボに採用してもらい嬉し恥ずかしです!(笑)庭のふきでふきの佃煮を作りました~沖縄にはふきが無いので新鮮!!

💛 おはようございます!耳寄りな情報をありがとうございます。まさに!ただ今有田に中古窯を見に行く道中なんですー🙌何てタイミングなんでしょう。。。

今日から3日間窯を見つつ温泉回りつつ行って来ます!!いい御縁がありますように〜情報ありがとうございます😁

💛こんばんは!メールありがとうございます。実はまだ旅の途中です😁明日の昼過ぎに地域の掃除があるらしいので昼までに来浦に帰る計画になりました!ちなみに今夜は宇佐の手前辺りの道の駅院内とゆう所で車中泊です!

有田から唐津、そして八女に行きました。九州は本当にいい所ですね💕とてもいい所がいっぱいで感激しました〜!

肝心の窯は有田で一つめぼしいものがあるのですが希望のサイズよりやや大きいので帰ってから考えてみようと思います。そして太陽光パネルのお話!正直にはやはり景観がかなり変わってしまうので考えてしまいます。。。Oさんとお話しさせてもらってみます。

バックナンバー

204~233

inserted by FC2 system